オフィス機器・PC周辺機器なら「極楽PCライフ指南」へ!

極上のPCワールドへようこそ

そのルーツは「算術計算を行う人」という言葉だったという“computer”は、マシンのことを示す用途で使われ始めたのが1897年とされ日本では明治時代の後期に差し掛かった頃でした。しかしながら初期のコンピューターは真空管を使用した巨大な物で、コンピューターは巨大な設置部屋を必要とする特殊な装置に過ぎませんでした。
1947年にトランジスタが発明されて小型化の兆しが現れ、日本で最初の電子計算機が登場したのは1956年のことです。1964年にはついにスーパーコンピューターと呼べる物が登場し、周辺機器としてもマウスが開発されたのもこの頃です。

現在のパソコンに利用されている基本ソフトの会社が設立されたのは、1975年のことです。その2年後には実質的にそのライバルとなっている基本ソフトも開発・製造している企業から、記念すべきパーソナルコンピューターつまりPCが発売されました。日本でも本体とキーボードが一体型の国産パーソナルコンピューターが登場したのは、そのわずか2年後のことです。
そしてパーソナルコンピューターとしては、マウスを使用したGraphical User Interfaceの略であるGUIが搭載された製品群が立ち上がります。現在主流となっているスタイルで、キーボードによる入力だけで合った物がモニターなどのコンピュータグラフィックスとマウスなどのポインティングデバイスで操作する物です。

直感的に分かりやすい操作

GUIが登場したことでパーソナルコンピューターは、敷居が一気に低くなり誰もが使いやすい機械になりました。そしてそのバリエーションや利便性が向上する事に関して年々充実する傾向は、今でも止まること無くPC周辺機器の多くの製品で利用されています。
GUIの基本となるのは、利用者に対してコンピューターの出力結果などを表示する画面です。当初はこれに対して一次元的な入力であったキーボードから、画面に追従できる二次元的なマウスなどのポインティングデバイスへと広がっていきました。依然として文字入力に関してはキーボードに頼らざるを得ない状況に変わりは有りませんが、ポインティングデバイスはマウスからタッチパッドへと広がります。

やがてグラフィック系のプロフェッショナルには、ペンタブレットが浸透していくようになります。そして現在はついにコンピューターの出力結果などを表示する画面に直接触れて操作する、タッチパネルの技術革新によってマルチタッチが実現し今日に至ります。これによってコンピューターの形態もパーソナルコンピューターというものから、タブレットつまり表示部だけの板一枚で表示と操作が完結するようになったのです。

  • http://www.fsv.jp/

    こちらのページが【レンタルサーバー】について、参考になるページです

Copyright(C) 極楽PCライフ指南 All Rights Reserved.